スポーツと健康

スポーツとはなにか

いま、健康についてこれまで以上に注目が高まってきていると言っても過言ではないくらい様々な人が身体のケアを積極的に行うようなった。健康に対するアプローチも人によって異なり、食事療法、他にも睡眠のメカニズムから身体の調子を整える方法など一つ一つ挙げればキリがない。

 

特に女性は健康や美容のために健康茶を飲んでいる。身体によい・美容によいと聞くと簡単に飛びついてくる。そんな中いま注目を集めているのがゴボウ茶だ。ゴボウの皮に豊富に含まれるポリフェノールが身体をサポートする。

 

更にゴボウ茶には若返りの効果もあると言われている。これはゴボウにサポニン成分が含まれているからだ。サポニン成分は若返りの効果が期待できる成分だ。しかし実際にゴボウにそのようなサポニン成分が含まれているのかは分からない。ゴボウの成分を調べてみたが納得のいく答えには出会わなかった。

 

しかし身体に悪いことはないため健康と美容のためにゴボウ茶を飲むのは良いことだ。お茶ならではのゴボウの風味に喜ぶ人も多い。なかでも医師南雲先生のオススメしているあじかん焙煎ゴボウ茶は人気がある。

 

新聞やCMで宣伝している。しかし価格が高い。わざわざあんなに高いゴボウ茶を飲まなくてもよい。あじかんごぼう茶口コミでも医師南雲先生のゴボウ茶は高いと書いている。国産の安いゴボウ茶でよいそうだ。

 

高いゴボウ茶を飲めば効果に期待できると勘違いしてはいけない。

 

また健康や美容のためにサプリメントや酵素液を飲む人が多い。そんなもので健康になるのか疑問に思うが飲み続ける人があとをたたない。健康のためにはスポーツをすることは必要である。

 

 「スポーツ」といえば本格的に身体を動かす若者のイメージがあるかもしれない。しかし、今ブームになっているラジオ体操も、座りっぱなしの状態からちょっと伸びをするストレッチも、自ら身体を動かしているという意味で立派な「スポーツ」に変わりはないのではないだろうか。

 

階段の上り下り、椅子からの立ち座り、日常のあらゆる場面に「スポーツ」は隠れている。決して競技だけがスポーツではなく、日常生活動作そのものが一種の「スポーツ」なのだ。

 

「スポーツ」とは、日ごろからきちんとトレーニングをしないと成果が出ないものでもある。身体がだるいから、疲れているからと言ってトレーニングをさぼるといつもの動きが出来ない。それは競技としてのスポーツでも、日常生活動作としてのスポーツでも全く同じことだ。普段から身体を動かす意識を持っていれば、日々のスポーツ動作はよりスムーズになり、身体は長く健康でいることが出来る。

 

また競技としてのスポーツは、人々にたくさんの夢を与えてくれる。テレビで花々しく活躍するスーパースターのプレーを見ながら、いつかあの舞台に立ちたいと願い練習に励む子ども達が、また次の世代の子ども達に夢を与える。やがて大人になり、テレビで活躍するような選手になれなかったとしても、今度はホビープレーヤーとしてその競技に関わる事もあるだろう。

 

日々の仕事で疲れた心を癒すように、子どものころから憧れ続けた選手を真似て競技を楽しむ。大人にとっての競技スポーツは、仕事に向き合うための潤滑油にもなるのだ。「スポーツ」とは一つの競技を通じて競い合うだけではなく、色々な解釈が可能である。

 

今回は特にその中でも競技スポーツに着目していきたい。 競技スポーツを通して見えるプロスポーツ選手を取り巻く環境や、ホビープレーヤーとして競技に向き合っている人々について独自の解釈を多々交えながら大まかに説明していこうと思う。

 

競技スポーツを身近に感じることで日常生活におけるスポーツを充実したものに、またそれが競技スポーツを始めるきっかけにも繋がり、一人でも多くの方々がいつまでも健康でいられる身体づくりを心掛けていただければ幸いである。