スポーツトレーナーという職業

スポーツトレーナー

スポーツ選手は競技のみに集中して身体を動かせばいいというわけではない。スポーツ動作だけではどうしても偏りが出てしまう筋肉のケアという意味合いでトレーニングを意識して行わなければならない。

 

そのトレーニング方法は様々で、自分に合った方法論を見つけるにはそれなりの時間と労力を費やしてしまう。その為、選手自身出来るだけ競技に集中するためトレーニングの分野はスポーツトレーナーと呼ばれる専門職の人間に任せている場合が多い。

 

スポーツトレーナーとは選手の競技における癖やバランスを見抜き、その選手自身の目標設定にあわせたトレーニングプログラムを作成し、それに加え練習中または試合中の外傷処置を行う職業の事である。

 

しかし残念ながら日本にはスポーツトレーナーという正式な国家資格は存在しない。海外で認定されているトレーナー資格や民間団体が制定している資格もいくつかある。

 

だがそれだけではどうしても価値が弱く、今現在日本でスポーツトレーナーを名乗っている人のほとんどが柔道整復師や理学療法士、または鍼灸師などの医療系国家資格を有しており、自身の治療院で働きながら医学的に選手のサポートをするというのがトレーナーの主な役割となっている。

 

こういった面からも、純粋にスポーツトレーナーという職だけで生計を立てている人はほとんど存在しない。スポーツトレーナーという職業の価値が低く評価されている日本では、医療系国家資格は付加価値ではなく必須条件だといってもいいだろう。

 

またスポーツトレーナーといってもプロ選手のケアだけではなくスポーツジムのスタッフとして、趣味でトレーニングに励んでいる人の指導を行うという道もある。

 

この場合一人で複数人のクライアントを同時に、しかも今まで運動経験のないという人の指導も行わなければならない場合もあり、やりがいはあるかもしれないが根本的な身体の動かし方がわからない人に対しての指導というのは、プロ選手を指導するケースとは違った難しさがある。

 

プロ選手と運動未経験者ではトレーナーとしてのアプローチ方法は違うかもしれないが、安全に目標を達成させるという面は共通しており、より指導の質を向上させる事が日本でのスポーツトレーナーの価値を上げるきっかけにも繋がってくるだろう。